障がい者採用枠とは

障がい者採用枠について

障がい者採用枠とは

「障がい者採用枠」というものをご存知でしょうか?
企業が障がい者専用に設けられていて、主に、身体障がい者や知的障がい者、精神障がい者で、障害者手帳や療育手帳をすでに取得しているか、就職までに取得できる方が対象となる採用枠のことです。

障がい者採用枠を利用することで、企業からは障がいについて理解してもらうことができ、仕事面や環境面、勤怠などに対して必要な配慮をもとめることもできます。
これによって、障がいをお持ちの方でも、プレッシャーも少なく、働きやすい環境の中で安心して働くことができると、長く働いている障がい者も少なくありません。

障害者雇用促進法という法律があるのですが、この法律では、一定数以上の従業員をかかえる企業は、一定割合以上の障がい者を雇用することや、障がいをお持ちの方を雇用するにあたって施設の整備などが必要な場合や、介助者の配置が必要な場合には助成金を出すことなどが決められています。
こうした法律や、ハローワークなどの就労支援機関による障害者雇用支援などによって、障がい者を積極的に雇用する企業も増えているのです。

しかし、障がい者採用枠で就職する際には、職種の幅が狭いことが気がかりとなることもあります。
これに対しては、企業によっては、スキルや障がいの内容などによって職種を決めてくれることもありますし、これまでは事務職での採用が多かったのですが、最近では、SEやプログラマーなどのIT関連の職種や営業職などでの採用も増えていて、職種の幅も広がってきています。

障がい者採用枠を利用しての就職では、企業が障がい者に対してどのような仕事を任せて良いのかなど知識がない場合など、仕事内容や仕事量に不満を感じる方も少なくありません。
しかし中には、障がい者採用枠で就職することで、安心して働くことができ、キャリアアップを実現された方もいらっしゃいますので、能力や適性に合った業務が行えるように、企業とよく話し合ったり、スキルをアピールしたりするなどの努力も必要となります。
障害者の転職、求人、雇用支援などの専門業者に相談もおすすめです。